GO!マチュピチュGO!

朝起きてマチュピチュへの準備をするIさん。

前日からの体調不良は快方にあるのか不明ですが、

あえて体温は計らないで出るらしい。

ここまで来たら行くしかない。

風邪は気合でカバーです。

良くわからないけど、マチュピチュ観光はみんな朝早く出るようなので、

ぼくたちも、早起きは三文の得ということで朝6時に出発しました。

 

DSCN8821

 

やはりこの時間からマチュピチュへ向かう人は結構いる。

隣の部屋の人は5時には宿を出てたと思います。

バスに揺られること20〜30分ほどでマチュピチュ遺跡に到着。

早速、朝日が差し込むという高台に登るも、濃霧のため全く見えません。

 

DSCN8834

 

次第に雨も降り出すし、マチュピチュ遺跡観光が先行き不安になります。

高台からの眺望は諦めて、遺跡観光へ切り替えたらだんだんと霧が晴れて雨も止んで来ました。

霧が晴れたところでもう一度高台へ。

 

DSCN8917

そこには遺跡を見下ろす絶景が広がってました。

でも観光客も多くて、写真のポイントは順番交代です。

絶景ポイントで黄昏て断固動かない人もいて、Iさんブチ切れです。

マチュピチュ遺跡を歩きながら、

グアテマラのティカル遺跡のことを少し考えてました。

確かにマチュピチュは素晴らしい遺跡ですが、

ぼく的にはティカル遺跡もマチュピチュに劣らない魅力があると思います。

でも外国人にはマチュピチュのほうが断然人気ですね。

天空都市という響きとそれを連想させる画力が、

人を惹きつけるのかもしれません。

などIさんと話してたらワイナピチュへ登る時間に!

 

Iさん、体調不良のままで大丈夫なのか?!

 

(T)

タイトルとURLをコピーしました