旅メモ

変わらないでいてほしいもの

DSCN9971

 

数年前に訪れたとき、

“インドは永遠に変わらない国なのかもなぁ”

と思ったのですが、それは間違いでした。

途上国は刻々と進化していきます。

旅行者にとって悲しいことに、物価というのは下がるということはまずなくて、

だいたい上がっていきます。

インドも物価はここ数年で上昇したらしく、だいたいが1.5倍くらいになっていました。

でも、ルピー安のおかげでまだまだ安く感じられます。

 

DSCN0487

 

ショックだったのは、チャパティの値上がり方。

ナーンとほとんど変わりません。

1枚5円くらいで食べれるから良かったのになぁ。

でも普通に考えて、

オーストラリアの干ばつなどで、

小麦不足になった年があったのにインドに影響がないほうがおかしいですね。

 

インドも成長著しいと言われて久しいですが、

進んだと感じる部分と、変わらないと感じる部分両方あります。

日本企業の進出もだんだんと進んでいて、

自動車はスズキがインド一本足と言われるくらい成功していて、シェアを持っています。

ドコモは、TATAと組んで通信業頑張ってます。

ドコモと読むのが至難のわざ。

日本が原発を輸出すれば停電はなくなるのかなぁとか、

高速鉄道を輸出できれば、セカンドクラスのスリーパーはなくなってしまうのかなぁとか、

インドが発展するのはめでたいことなのですが、

少し寂しい感じもしてしまうのが旅行者のエゴ。

やっぱり、変わらないでいてほしいなぁというのが本音です…。

 

DSCN0011

 

中国が、超巨大な「異形の大国」と呼ばれ世界一へ上りつめようとしていますが、

インドも人口が多いし、

高齢化はまだまだ進んでないらしいし、

頑張れば大国も夢じゃない。

 

「インド人はイギリス支配時の負け犬根性が染み付いている」

というのをとこかで耳にしたことがあるけど、

投げ打って価格を下げちゃうことろがあるので、なんとなくわかるような気がします。

基本的にインド人は心優しい人々なのです。

 

いつもインドを旅行すると、

「旅行するには最高に楽しい国だけど、住むのは辛いな」

と思うのですが、

今回は、正当な理由があれば住めると感じました。

もちろん住みたい街と、住みたくない街はあるけど…。

クレイジーさもスピリチュアルさも独自の文化もいろいろあって、

国土がひろいから街によって様々な雰囲気がある。

インドのように何度来ても楽しい国ってなかなかないな。

 

(T)

●私たちのお店<ミカラ MICALA>のHPはこちらから。
【MICALA】

●MICALA.netはエスニック服ランキングに登録しています↓↓↓


エスニック系  WEB SHOP 探検隊


広告:お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』