旅メモ

ウユニを満喫する方法【ツアー?チャーター?編】

ウユニ塩湖には、長期旅行者だけではなく短期旅行者の人もたくさんいて

南米のほかの地域では長期旅行者の人がほとんどだったので、すごく新鮮でした。

(マチュピチュは短期旅行者の人もいたかな)

 

「これからリマに戻って、日本についた翌日から出社だよ~」

とか・・。すごいな。

もう日本に帰るから、とお洋服をもらちゃったりしました。

ありがたい。Sさん、ありがとうございます!今日も着てるよ!

 

——————————————–

 

さて、ウユニの町からウユニ塩湖へはだいたい車で30分ほどの距離です。

そこで、旅行者たちは

 

・ツアーを申し込んでいく

・自分たちで仲間を集めてチャーターしていく

 

のどちらかの方法を選んでいくのですが、

私たちは今回ツアーには参加しませんでした。

※両方のメリットデメリットは前回の記事で書いたので(「幸運に感謝☆ウユニに到着」)それを参照してくださいね。

 

ただ、雰囲気として時間が限られている人はツアーをサクッと申し込む人が多くて

そうではない人はチャーターで行く人が多いように感じました。

 

でも、

私たち夜中にウユニの町について翌日一日で

 

・深夜から朝日を見に行く会

・午後から夕日を見に行く会

 

の両方に参加できたので、短期旅行でもチャーターに興味があれば

とりあえず駅前の旅行会社付近に行ってみることをおすすめします。

メンバー集めしてる人がきっと街中にいるはず。

 

結局、三回ほどチャーターの仲間に便乗してみて、

やっぱり「朝日」を見に行くのが私は好きでした。

 

夜中の三時にドライバーさんにホテルまで迎えに着てもらって

30分ほどかけて塩湖に到着。

それからは星空を眺めて、

だんだん明るくなってくるのを待ちます。

星空はやっぱり新月のときがすばらしくて、別格でした。

 

東の空がだんだん明るくなってくると、

時間を追うごとにまったく違う景色が見られて

本当に感動する。

 

最終的には太陽が昇って、湖面に反射した空や雲を見て

そしてまた9時ごろホテルに戻っていく、

という内容です。

 

太陽って本当にすごくて、

太陽が地球をあたためてくれてるって言うのが実感できる。

星空を眺めているときには凍えそうだったのに

日が昇ると上着が邪魔になるくらいで。

そんなあったかさを感じながら、ランドクルーザーで風を切って走ってくのは

本当に気持ちよかった!!

 

ちなみに旅行会社は有名な二社を両方とも使ったけれど、

私たちはどっちもいいドライバーさんに恵まれて、

いっしょに写真撮影会をやってくれたり、トリックのやり方を教えてくれたり(小道具貸してくれた。笑)

水の張ってるいいポイントも教えてくれて、

本当にラッキーでした。

評判どおりだった!ブリサのジョニーさん、穂高のフランスさん、ありがとう。

 

 

あーまたいつか行きたいなぁ。

 

(I)

●私たちのお店<ミカラ MICALA>のHPはこちらから。
【MICALA】

●MICALA.netはエスニック服ランキングに登録しています↓↓↓


エスニック系  WEB SHOP 探検隊


広告:お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

コメントは受け付けていません。