旅ログ

人民広場で過ごす世界一周最後の日

DSCN1003

上海市民の憩いの場?

 

いよいよ、明日は帰国・・。

この旅で、なにかにつけては

食べ物を買って公園に行ってピクニックしたり

お弁当を作ってピクニックしたり。

そんな時間が好きで、

ふとしたときに思い出す旅のワンシーンは

公園でのーんびり過ごす人たちを、これまたのーんびりと見つめている

私たちの姿だったりします。

 

大都会の上海にも

こんなオアシスがあってよかった。

 

DSCN1013

 

旅最後の日といえども

なにをふりかえればいいのかよくわからなくて

結局、「旅行してよかったね。」「帰ったら頑張ろうね。」

そんな確認をし合う日となりました。

 

旅行中の毎日。

右に行くか左に行くか

何を食べるかどこで食べるか

ブログどっちが書くか

そんなことでもしょっちゅうケンカして

でもその度仲直りして

今のこと、過去のこと、将来のこと

いろいろ言い争っては

お互いに納得いくまで話し合って

とことん、Tという一人の人間と向き合いました。

1年半前に結婚した私たち。

きっと、日本で普通の暮らしをしていたら

何年も何年もかかって知っていくであろう、夫としての彼を

24時間ずーっと一緒に過ごすことで

普通の何倍もの速さで知ってしまったような気がします。

←マスターはまだできてないけど。まぁそれはこれからということで。

 

そして、Tもこんな

わがままで、

気分屋で、

すぐおなか痛くなって、

機嫌いいときはめんどくさいくらいおしゃべりで、

お調子者で、

うっかりもので、

がさつで、

重い荷物はもたないし、

席が一個あいたらTを押しのけて座るけど、

けど・・・Tのことを誰よりも頼りにしている私のことを

嫌というほど知ったと思う。

 

毎日、

一緒に新しい出会いを経験して

一緒にすばらしい景色に出会って

どうしようもないくらい感動して興奮が止まらない日もあった。

仲良くなった人との別れがさみしくて涙がでちゃった日もあった。

人のあたたかさに感動して、心を入れ替えた日もあった。

思い切りぶつかりあって、お互いに嫌いになった日もあったし

この人と旅行してよかったって心から思う日もあった。

(これは一方通行かもしんないけど。笑)

 

私たちにとって、旅行することは

二人であたりまえのように描いていた、ひとつの夢だったんです。

 

他の人たちが

車がほしいな~って思うことや

マイホームを建てたいな~って思うことと同じように

結婚したらいっしょに旅行しようね。って言い合ってた。

 

そんな風に、

あまりにも自然な夢すぎて

旅自体に、大きなテーマや目的があったわけじゃないから

だから

私は「この旅で得たものが何か」って、最後になってもよくわからないし

私たちに「変化」があるのかもわからないです。

 

ただ、ひとつ言えるのは

新婚時代に、こんな旅行ができて

おかげで、これからの人生も彼と歩んでいく覚悟ができた

ということです。

腹立つこともいっぱいあったけど(笑)

それをゆるせるくらいいいところがいっぱいあったから

今後、なにがあってもダイジョウブな気がします。

なーんて、

「我慢してたのはコッチや!!」

という声が聞こえてきそうですが。

 

そんなこんなで、

世界一周旅行最後のお部屋は

THE中国!!

 

ドアなしトイレ部屋でした!!!!!

 

DSCN0984

 

わかる??

部屋の真ん中にシャワールームがあって

トイレが丸出し。

 

DSCN0983

 

すべてをさらけだして

彼と向き合ってきた日々でしたが

さすがにここで「大」する気にはなれなかったよ!!!

Tにもしてほしくなかったから

「別のトイレでしてきてー!」ってお願いしたよ!!!

 

 

う~ん・・・・・

 

結局、

まだ、修行がたりないのかも。

 

日本に帰ってからも

夫婦で修行をつづけて、

いつかリベンジ!?

 

 

 

 

 

 

さぁ、

 

 

日本に、帰ろ!

 

 

 

 

(I)

 

 

●私たちのお店<ミカラ MICALA>のHPはこちらから。
【MICALA】

●MICALA.netはエスニック服ランキングに登録しています↓↓↓


エスニック系  WEB SHOP 探検隊


広告:お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』