旅ログ

ゴアで病院にかかる

DSCN0067

ありがとう、旦那さん。青いけど気にしないよ、私。

 

まる一日寝込んでバナナ一本で過ごしたおかげで

痛みと吐き気は収まったものの、依然として予断を許さない私のお腹。

ちょっとのはずみでミスが起きかねない…。

 

三日目。

重い腰を上げて、Tにお願いして病院について来てもらうことにしました。

はじめ、「アポロなんとか病院」という、

保険会社イチオシの大きな私立病院へ行こうと思ったのですが、

今いるアンジュナビーチから車で一時間くらい離れているらしい。

自信がないので近所の人オススメの診療所へ。

 

ここ、ゴアは、あのフランシスコ・ザビエル布教の地で、

キリスト教を広めるために彼らは地元の人に役立つ病院や学校をたくさん建設したそう。

まさか、時が流れて自分がその恩恵を受けようとは!

ザビエルさん、ありがとうー!

 

DSCN0068

 

タクシーで十分しないくらいで、診療所に到着。

思ったよりキレイで、イメージ(野戦病院)よりはマシだった。

インドの民族衣装の上に白衣を着た女医さんでビックリしたけど、

女性は基本女医さんが診てくれるらしい。

軽い問診のあと、

 

「入院です」

 

「え!!そんなに悪いんですか?」

 

「これから調べないとわからないけれど・・

血液検査と便の検査をして原因をつきとめたいので、今日は入院してください。」

 

でも、、、私たち明日の朝には電車で移動したい。

とりあえず薬がほしかったのと、

まぁなんとなく診てもらえば安心かなってので来たんですけど、、、だめですかね。

と説明すると、

お医者さんは呆れた感じで、

 

「じゃあ薬だけ出しますけど、

治療したわけじゃないので保険のキャッシュレスは適用できませんから!

自腹で払ってくださいね!」

 

と。

いろいろ口出しをして面倒になるのもいやなので、とりあえず薬を出してもらいました。

食前に飲む薬、食後に飲む薬、下痢した後に飲む薬、ポカリみたいなの、診察料、

全部で700ルピー(1400円)くらい。やっす。

宿に帰って、さっそく言われた薬を飲む。

するとびっくり!

お腹の違和感が取れ、もたれた感じとかもなくなって、

まる二日食べられなかったのが嘘のように、ランチタイムを満喫☆

あまりにあっさり治ったので、Tも

「I、もう治ったん!?いけるん!?」

と驚いていました。

自分でもびっくりなほど、食欲がモリモリ出てきて、食べても食べてもお腹空いて、

四キロ痩せた体重が半日でもどったーーーーー

 

Σ(゚д゚lll)ガーン。・・・・いや、喜ばしいことです。

 

DSCN0079

初めて歩いた近所の道。

 

そして久しぶりの外出!

ゴアってこんなところだったのかー!

明日の遠征に備えて、食後はゆっくり休んだけど、これなら無事に移動できそうです。

海外の薬ってホント威力が凄まじい。

大きさ自体、小指の先くらいだし!!

でもなんとなく飲み続けるのは怖いから、二日でお蔵入りさせることにします。

大変お世話になりました~

 

(I)

●私たちのお店<ミカラ MICALA>のHPはこちらから。
【MICALA】

●MICALA.netはエスニック服ランキングに登録しています↓↓↓


エスニック系  WEB SHOP 探検隊


広告:お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』