旅ログ

インドの洗礼、I編

DSCN0059

 

平和でおだやか〜なダラムサラから、インド南部へ移動しようとしたそのとき、

事件は起きたのでした。

チベット人の会社で申し込んだ夜行バスは、オールチベット人に私たち二人という、不思議な光景。

特に問題なくデリーに到着し、そこから空港へ向かいます。

ただ、ついた場所がデリーのどこなのかは、一切不明。

わかることは、ここもやはり小さなチベット人コミュニティであることと、

殺風景な雰囲気で中心部からは離れていそうなことくらい。

 

バスから降りると、ものすごい勢いでインド人の男が駆け寄ってきました。

 

「空港はここから離れているし、国内線はさらに遠いから高くなる。

…でも僕のタクシーなら1000ルピー(2000円)でいってあげるよ!

なんでかっていうと、フレンドだから。」

 

でたー!! 久しぶりの恩着せがましいインド人。

なんでちょっといい人演出するかね、そして勝手にフレンド。

国内線と国際線、そんな離れてないからね。

しかもターミナル間の無料シャトルあるからね。

ちなみに、国内線のほうが手前だからね!!!!!

Tが言ってたもん、知ってるんだから。

 

こっそりと手招きしてくれたチベット人が、

値段交渉もせず、500ルピーで空港まで連れて行ってくれました。

そしてVIPラウンジで食事して、優雅にゴア行きの飛行機を待っていると…。

 

あれ?

吐きそう。

 

なんでいきなり?

 

吐き気がすごくて、うずくまってしまいます。

次第にお腹の中でビッグウェーブ!!!!

結局ラウンジで五時間うずくまって、トイレとソファを行き来。

 

飛行機に乗ってからも、吐き気を抑えるのに必死。

CAさんが配ってくれた大好きなコーラもポテチもお断りして、

ひたすら吐き気とお腹の痛いのを耐える。ちょっとでも動いたら・・・出ちゃう。

こんな座席の狭いLCCで迷惑かけられないよ~~~。

 

二時間半後、ようやくゴアの空港についてトイレ直行。

荷物を受け取って、再びトイレ直行。

Tがめちゃめちゃ心配して声をかけてくれるけど、もう応える気力もない…。

 

結局荷物をもってもらって、ふらふらになりながらタクシーでビーチ方面へ。

タクシーの中でも放心状態でした。

力が残っておらず、部屋の中まで荷物を運んでもらって、ベッドで横になると

いきなり寒気が。

寒い・・・。

気温は35℃くらいあるのに、長袖二枚着て毛布三枚かけてもガタガタふるえるー!

 

 

絶対、食あたりだ。

 

でも、だいたいいつも同じもの食べてるTは元気でぴんぴんしてる。

時間からしてラウンジで食べたものだ。

ラウンジで食べた、Tと違うもの・・・・・・・ カレー!!

Tは朝からカレーなんて食べないけど、私よくばって一人でカレー食べたわ。

やっぱりインドのカレーは手ごわかったー!!!

 

熱と吐き気にうなされながら、ゴアの夜は更けていったのでした…。

 

(I)

●私たちのお店<ミカラ MICALA>のHPはこちらから。
【MICALA】

●MICALA.netはエスニック服ランキングに登録しています↓↓↓


エスニック系  WEB SHOP 探検隊


広告:お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』