旅ログ

インドのバスは大変だよ

DSCN9938 (2)

牛、めっちゃ苦手だけど段々なれてきたかも・・

 

 

久しぶりの長時間バス移動!

リシュケシュからダラムサラまで、14時間、夜行での移動です。

ツーリスト用のバスが1日おきにしかなくて、ローカルバスで行こうとしたら、

宿の人&ヨガの先生に「やめておけ!」と言われ。

今の時期は、リシュケシュすっごく暑いからみんな避暑地のダラムサラに逃げてるんだって。

それで、ローカルバスは満員ですごいことになってるらしい。まぁ噂ね。

 

どうにか日程など調整して、ツーリストバスで行けることに。

宿で手配してもらったバスのチケットは、

町中で最安だった旅行会社のチケットより100₨高くて、1000₨(2000円)!

まぁ200円の差だけどね。

とりあえずチケットとれてよかった。

 

ツーリストバス。

インドの物価からしたらすごい高価。ローカルバスの倍以上です!

さぞかし素晴らしいバスなのかと思いきや…。

 

DSCN9950 (2)

 

おお。これがツーリスト用か。

欧米人、乗った瞬間めっちゃ文句言ってた。

「せまっ!!ぼろすぎっ!!」って。

エアコンなしで、ミニミニ扇風機も回らず、座ってると汗が滴り落ちてくる…。

私たち、大和魂発揮で文句なんて言わずに我慢するけど?

だんだん意識が遠のくー、、、あ、あつい!!!

 

DSCN9952 (2)

辛うじて窓は10cmほど開いたけど・・・

 

さらにはTのシートが壊れていて座ってると最大限にリクライニングしちゃう。

後ろの欧米人ギャルに、

「ちょっと、そんなに倒さないでよ!」

と文句言われるT。

五分おきに、手動でシートを戻す。

ところが、Tの前のシートも壊れてるらしく、前の人もリクライニング全開!

Tは後ろに気遣ってシート戻すけど、前の人は放置派だったので、T、めっちゃ窮屈そう!!

ごめんね。私、観察してるだけで。プププ

 

そんなこんなで、四時に発車したバスは、六時にさっそく休憩。

いきなりチベット人集落でビックリ!そしてなんだか感動です。

トイレを借りて、コーラを飲んで出発!

 

DSCN9955 (2)

チベット寺~!

 

と、思いきや、またまた九時に休憩。

 

そして、またまたまたまた、十一時に夕飯休憩。

さすがに休憩頻繁すぎだし、「ディナー!!」って叫ばれても

夕飯にしては遅いしで、欧米人たちはまたまた非難轟々でした。

ここでも私たちは大和魂?を発揮。

車酔いにもかかわらず、夜11時過ぎにもかかわらず、カレーを食す。

とことん、郷に従います。笑

 

またまた、夜中の二時と四時に休憩して(もう眠くて立ち上がれなかったけど)

七時半、ようやくダラムサラに到着。

すごい山道だったなー。

ダラムサラ自体が山間にあるからな。

・・・無事についてよかった。

 

そして、寝不足、汗でベトベト、車酔いのまま、山道を歩いて宿探しにむかったのでした。

疲労困憊のため、相当機嫌が悪くなってしまったIの扱いに

Tがとっても苦労したことはヒミツにさせてください・・・・。

 

(I)

●私たちのお店<ミカラ MICALA>のHPはこちらから。
【MICALA】

●MICALA.netはエスニック服ランキングに登録しています↓↓↓


エスニック系  WEB SHOP 探検隊


広告:お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

  • Kumiko Kawamura

    リクライニング、文句言ってきても、「シートは倒すもんやし、壊れてるんじゃぁ!」って言ってもOKじゃない(笑)?二人の人柄の良さが分かる(*’ω’*)

    • tabi69

      コメントありがとう☆彡
      いやいや、私は、「いちいちうっさい!!」ってイライラしてたけどねー。Tはめちゃめちゃお人好しなんだ(笑)リクライニングって、毎回駆け引きだよね、、、

    • tabi69

      リクライニング問題はいつも悩みの種だよ~・・。
      人がいいっていうよりも、小心者なのかも。
      特にダンナは気遣い王だもんで、「今直しておけば夜寝ちゃったときに”昼間は頑張って直してくれたし、しょうがない”って思ってもらえるから!」とか言って、せっせとシートを戻してたよ。笑