旅ログ

死海の水は飲んではならない

DSCN9930

 

イスラエルのもう一つの人気観光名所である、死海(Dead sea)へ行ってきました。

同じ宿に泊まっていた、ユウくん&ハルさんご夫婦とSちゃんの5人で、

バスに乗って死海へ向かいます。

 

死海のビーチは、無料のビーチと有料のビーチがあって、有料の方は泥パックとかもできるらしい。

ぼくたちが目指すのは無料のビーチ。

トイレやシャワーは別途料金がらかかるけど安く済ませたいので

泥パックは諦めました。(Iさんが)

 

バスは前の街からエルサレムに立ち寄るバスなので、すでにたくさんの人が乗車しています。

ぼくたちは5人中、3人が立ち乗り。

死海まで1時間半〜2時間、ローテーションで席を譲りながら、バスに揺られます。

 

DSCN9929

 

イスラエルの長距離バスはwifiフリーなので、ぼくは立ちながらスマホで時間を潰しました。

インターネットさえできれば、たとえ立ち乗りだとしても1時間半〜2時間くらいならなんとかなる。

でも少しバス酔いします。

 

1時間ちょっと過ぎたところで何人かが降りたので、ようやく全員分の席を確保!!

すでにバスの窓から死海が見えています。

安心して会話をしながらバスに乗っていたら、後ろの席に座るIさんから叫ぶ声が!

 

「降りなくていいのーーー?!」

 

外をみたら見覚えのあるビーチ名が看板に書かれていました。

まさかの目的地スルー!!

運転手さんに聞いたら、おれアナウンスしたよ、とのこと。

とりあえず次で降りようかと思っていたら、この先にも無料ビーチがあるからそこでおりろ、と運転手が言う。

信用して運転手さんの言うとおり待っていたら、なにやら美しいビーチが現れました。

 

DSCN9939

こっちのほうが、いいビーチやないかーい!!

 

シャワーも無料であるみたいだし、砂浜だし、雰囲気も抜群にいいし、乗り過ごして良かった!

そして、ご夫婦が用意してくれたお弁当を食べて、いよいよ死海へ。

ちなみに、ご主人はシェフということで、お弁当めちゃくちゃおいしかった。

 

死海は塩分が豊富なので誰でも浮くらしいよ!

かなづちで、最近太り気味のポッチャリキャラが定着しているIさんでも浮くらしいよ!

 

死海に浮きながら新聞読めました。

 

「最近の中東情勢は、まだまだ不安定な要素がありますな〜」

 

とアラビア語の新聞眺めながら言ってみたけどIさんは完全無視!!

自分が浮くことに必死のご様子でした。

死海、想像以上に楽しかった!!

そして、想像以上にしょっぱかった!苦いくらいです。

塩はすぐ蒸発して体中まっしろに。

海に入ってあんなに楽しそうにしてるIさん、初めてみました。

 

DSCN9987

 

帰りのバスは、疲れたので絶対席に座ろうとバス停でスタンバイ。

気合い入れてバスに乗り込んだら意外と席空いてました。

でもその後、立ち乗りの人が出ていたので、

これまた乗り過ごしたおかげで先に席をゲットできたということですね。

 

ビーチ名忘れたけど、本当にここの無料ビーチでよかった!

(有名なエンゲディビーチよりもエイラット寄りにあるビーチです・・。)

 

(T)

●私たちのお店<ミカラ MICALA>のHPはこちらから。
【MICALA】

●MICALA.netはエスニック服ランキングに登録しています↓↓↓


エスニック系  WEB SHOP 探検隊


広告:お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』