旅ログ

ダハブでの静かな一日

DSCN0032

今日の海。やっぱりきれい。

 

 

朝8時。Tが何やらせっせと準備する音がする。

目を開けると本を読んで勉強中。

 

9時。「じゃ、行ってくるわー」

あぁそうか、今日からダイビングのレッスンだね。いってらっしゃーい。

 

ダメ嫁。

 

朝9時の時点で、汗をかいているような暑さ。

Tも出かけたし洗濯でもするか~。

仲良くなった三部屋となりのAさんとおしゃべりをしながら

ゴシゴシ洗濯。

洗濯機とは違って、手で洗うと水が真っ黒に汚れているのがわかる。

何度も何度もこすって、何度も何度も水を取り替える。

この旅で100回以上繰り返してきたこと。

少ない水で、少ない労力で、なるべくきれいに洗えるコツももうわかってきた。

 

日光浴をしながら本を読んでいると眩暈が。

日差しが強すぎるな。

ランチでも食べに行こうかと散歩してみたけれど、

Tは昼抜きで講習を受けてると思うとなんか忍びないな。

今日はやめておくか。

 

ダハブはいい。と、旅先で出会った人たちほとんどみんなが言う。

 

海はきれいだし、こじんまりした町は歩きやすい。

カイロに比べればしつこい人も少ないし

ごはんやドリンク、スーパー、なんでもそろってる。

なにより、物価が安い。

安く旅行している旅人には最高の条件。

でも私は、みんながいうほどここが楽園には感じられないっていうのが本音。

期待しすぎたかな。

 

さっき、会った日本人の男の子たちに

 

「今夜ひまですか?ダハブゲームしましょうよ~。盛り上がってますよー」

 

と声をかけてもらった。

(ダハブゲーム・・・楽しそうな響き。)

私も、一人旅だったらきっと日本人の集団にめっちゃ入り込むんだろうけど

旅が残り少なくなってきた証拠かな?

今はあまり日本人とかかわりたーい!!!って感じじゃなくなってる。

まぁ、Tがいるしね。無口だけど。

 

みんなで盛り上がってる人たちは、きっと

 

「ダハブ最高だったよ~!」

 

って、どこか別の国で出会う旅人に話をするんだろうな。

こうして地味に書いている今も、

 

「また会おうねぇ~~~~!!!

いってらっしゃ~~~~~~い!!!!」

 

と叫ぶ日本語と拍手が聞こえる・・。

 

そっか、たぶん私はダイビングもダハブゲームもしないし、

あぁいう盛り上がりの中に入ってないから「ダハブは楽園」って思えないのかも。笑

 

 

ちょっと涼しくなってまた散歩。

お土産やさんでハガキを選んでいたら、

エジプト人のおじさんに話しかけられてお茶をもらって長居。

名前の発音が難しいらしく、私はAKOMIと呼ばれていた。

 

「AKOMI、

ダハブはリラックスできる町だろう?」

 

「うん、毎日リラックスしてるけど、ダイビングもしないし、

みんなみたいにエンジョイはしてないよ。」

 

おじさんは、笑って

 

「私だってダイビングをしたことはないよ。

でも海に入らなくても、眺めているだけですごく心が落ち着くし、

静かに過ごすことが好きなんだ。」

 

へぇ・・こんなエジプト人もいるんだなあ。

 

 

おじさん、私も静かに過ごすのが好きだよ。

無理に盛り上がんなくていいよね?

 

 

 

・・・・さ、帰って洗濯物でも取り込むか。

 

DSCN0016

 

(I)

 

 

●私たちのお店<ミカラ MICALA>のHPはこちらから。
【MICALA】

●MICALA.netはエスニック服ランキングに登録しています↓↓↓


エスニック系  WEB SHOP 探検隊


広告:お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』