旅ログ

うわさのノリコさんとご対面

DSCN9762

砂漠の次はこんな町。

 

メルズーガの宿からオマールに頼んで宿を予約してもらいました。

今回来たのは「トドラ渓谷」

そこで、日本人宿を切り盛りされている「ノリコさん」にお会いしたい!!

 

いろいろなところで、ノリコさんのうわさは耳にしていて、

どうやらおいしい日本食を食べれるらしいし、

宿はのんびりとくつろげる雰囲気らしいし、

町も素朴でいい感じらしい。

 

期待をつのらせて、トドラ渓谷への入り口となる“ティネリール”のバスターミナルに到着。

オマール経由でお願いしていたおかげで

ノリコさんがバスターミナルまで迎えに来てくださいました。

 

ノリコさんと、ノリコさんの昔からのお友達と私たちの四人で

いっしょにランチをして、ミニバスに乗り込み、宿に向かいます。

初めて会ったのに、気を遣わせないでくれるサッパリとした雰囲気のノリコさん。

それほど年上じゃないけれど、、、ちょっとお母さんみたい。

 

DSCN9751

テラスからは渓谷が見える。

 

30分くらいミニバスに揺られて宿につくと、なんと

あの大学生3人組がいた~!!!

 

「Tさん!Iさん!サプライズしちゃいました~」

 

もうびっくり。

次はマラケシュで会えるといいねぇ~、なんて言いながら昨日別れたのに

彼らもノリコさんの日本食めあてで予定を変更したらしい。笑

 

荷物を置くと、さっそく

ノリコさんとお友達と大学生3人組と私たちで、近くをお散歩。

がてら、ロッククライミング。笑

 

RIMG1407

この人はインストラクター。

 

 

私たちは見てただけだけどね。

散歩ののりでロッククライミングとかすごいわ。

大学生たちはスイスイ登ってて、さすが若さ!!って感心しちゃいました。

ついこの間までは(?)私たちだって大学生だったんだけどねぇ。

もうジェネレーションギャップを感じずにはいられないよね。

カラオケで盛り上がるのは「ももクロ」なんだってよ。一曲も知らないや。

 

そんなこんなでこの日は念願のノリコさんの特製からあげにありつき、

おなかいっぱいで幸せな気分で眠りについたのでした。

 

(I)

●私たちのお店<ミカラ MICALA>のHPはこちらから。
【MICALA】

●MICALA.netはエスニック服ランキングに登録しています↓↓↓


エスニック系  WEB SHOP 探検隊


広告:お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』