旅ログ

サハラ砂漠の夕日と星空と朝日

ラクダ隊は、テントに到着。

夕日のために砂丘に登ります。

DSCN9491

 

が、この日は夕方くらいから雲が出だし、怪しい雰囲気。

急いで砂丘へ登ると、既に降りてくる人、多数。

ぼくたちの先を行っていた大学生3人から、

もう雲しか見えないとの伝令をもらい、一割くらいの地点で断念。

 

「天気のせいか登るのが遅かったのか、もう見えないなら仕方ないな」

 

と残念な顔をしつつも、かなり疲れて体力的に限界なのでした。

大学生3人はかなり上まで登ってた。さすが。

 

星空と月明かりの砂漠も期待したのですが、

やはり中途半端というか、雲もあったしなかなか難しい状況。

 

DSCN9518

 

でも、タジン鍋を食べながら3人の学生生活などについていろいろ楽しい話を聞けたので、

暇でやる事ない地獄に陥ったときのためのトランプも出動することなく、あっという間に寝る時間になったのでした。

 

翌朝・・・完全に寝坊!

 

大学生に起こしてもらうという、情けない状況で朝日を拝みつつ、

またラクダに乗ってメルズーガの街へと戻ります。

 

DSCN9535

 

宿では、負傷したオケツの回復待ちで、一日のんびりと過ごしたのでした。

 

(T)

●私たちのお店<ミカラ MICALA>のHPはこちらから。
【MICALA】

●MICALA.netはエスニック服ランキングに登録しています↓↓↓


エスニック系  WEB SHOP 探検隊


広告:お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』