旅ログ

話題のバチカン市国へ

DSCN8842

たくさんの椅子が整然と並べられて。

 

世界最小の独立国、バチカン市国。

国自体が世界遺産になっています。

 

ローマの北西部にあって、3月13日にローマ法王が交替した話題の場所

・・・とあれば、時事博士Tが黙っているわけはなく。

たった二日しかないローマ観光の半日分を

バチカンにあてることになりました。

 

そもそもバチカン市国って?

 

とあらためて思って調べてみると、

バチカン市国はローマ法王が統治者となっているカトリックの総本山。

国自体は天安門広場くらいの大きさしかないにも関わらず

有名な文化遺産の宝庫だそう。

 

ホテルのある駅周辺からバチカンまでは歩いて1時間。

でも、ほかの観光スポットを周りながら行ったので

4時間くらいかかりました。

 

DSCN8825

川好きTにはもってこいの散歩道。

 

この時期だからかわからないけれど、バチカンに向かう人はものすごくたくさんいました。

パスポートを見せたりはないけれど、

X線で荷物チェックしたりして結構厳重な?警備を経て・・・

ようやく

「サン・ピエトロ大聖堂」へ。

 

って。実は私、その名前知らなかったんだけど・・

日本でよっぽど報道されていたのか、送った写真を見た母から

 

「これは、あのサン・ピエトロ大聖堂!?」

 

ってメールが。笑

 

カトリックの総本山にある大聖堂とあって、さすが・・・。

ヨーロッパを旅行していて他の大聖堂もいろいろ見たけれど、規模が違いました。

豪華な装飾に、壁画に、彫刻。圧巻です。

ただ私たち、この大聖堂だけで満足してしまい、美術館にはいきませんでした。

この美術館にも有名な絵とかミケランジェロの作品とかもあったみたいで、今思えば行けばよかったな。

 

ローマ法王はキリスト教の人達にとってみれば「父」のような存在だといいます。

チベットの人にとってのダライラマみたいなものかなぁ。

私、なんかぴんとこないけれど、きっと多くの人にとっての憧れの地なのかもしれないな。

 

旅行していると、有名な場所に簡単に行けたり

誰かにとっての憧れの地に行けたり

貴重な経験が意外と手軽にできちゃったりして

たまに、ありがたみを忘れそうになる。

でもこれってきっと、私にとっても一生に一度の経験だったり

二度と来ることのできない場所だったりするわけだから

毎回毎回、感覚を鈍らせることなく、感動したり、感謝したりしたいなぁ。

 

バチカンでひざまずいて祈る人の姿をみて、

そんなことを思いました。

 

DSCN8854

(I)

●私たちのお店<ミカラ MICALA>のHPはこちらから。
【MICALA】

●MICALA.netはエスニック服ランキングに登録しています↓↓↓


エスニック系  WEB SHOP 探検隊


広告:お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』