旅ログ

朝からマテーラ!! ※宿情報あり

DSCN8541

岩を彫りぬいて出来た町。すごい。

 

Tの冴え渡る「旅人の勘」のお陰で来ることができた、南イタリア マテーラ。

ここへ来るまで、どんなところかわかってなかった私は衝撃!感動!

ただただ、興奮しながらサッシの夜景を眺めていたのでした。

 

しかし、

「一人60ユーロなのか一部屋60ユーロなのか・・どっちなんやー!」

と夜中まで落ち込むT。

たしかに、宿代を含めて一日五千円程度で生活していた

ここまでのイタリア旅行を思うと・・一泊一万五千円払うのは痛い。

っていうか完全に予算オーバー。

 

「でも、もう泊まっちゃってるんだししょーがないじゃん!」と、私。

 

「いや、今からおっちゃんとこ行って確かめてくる!!」と、T。

 

「ちょっと、もう夜の11時だし!」と、私。

 

「でも気になるやん、なんでそんなIはのんきなんよ!」とT。

 

…そんなこんなで、バタバタのまま眠ってしまった昨夜。

 

朝になって目が覚めると、

 

なんか天井低い、、白い、、、

あ、ここマテーラだったぁ!→のんき!笑

 

ベッドからとび起きて、外の景色を見に行きました。

すると、昨日の幻想的な風景とは違って、

ものすごく荒々しくて不思議で、ちょっと不気味な景色がそこに広がっていました。

 

DSCN8597

 

もともとは、貧しい農民が岩を掘り抜いて作った住居だと言われているサッシ。

今はその一部を、こうしてホテルやレストランとして利用したり、

もちろん住居にしている人もいるけれど、

なかには誰も使わなくなって放置されている空間もたくさんあるみたい。

廃墟と化したサッシの一部は世界遺産でありながら決して華やかではない、寂しげな魅力があります。

 

眺めていて飽きない世界。

初めて見る景色です。

 

そしていよいよ、緊張のお会計。

もう120ユーロを覚悟して、カードを差し出したTに笑が!!

そう、なんと一部屋60ユーロだったのでした。

あのクオリティでーーーー!うそん!

スマートに決めながらも、心でガッツポーズの二人。

 

DSCN8626

こーんな素敵で不思議な部屋でした!

 

思いの外リーズナブルだし、もう少し長く滞在したいなあ、

なんて、Tは心残りだったみたいだけど←すごい変わり様

近郊にあるもう一つの世界遺産の町にも行きたくて、

泣く泣くマテーラを後にしました。

 

DSCN8646

 

一日で移動なんて久しぶりだな!

春の南イタリア紀行、まだ続きます。

 

(I)

 

【イタリア・マテーラ 宿情報】

San Pietro Barisano

<HP>http://www.residencesanpietrobarisano.it

 

DSCN8619

 

・ダブル一泊一部屋75ユーロ(交渉で60ユーロになった)

・サッシ内にあるレストラン付きホテル

・駅&バスターミナルからタクシーで5分(徒歩15分ほど)

・ツーリストインフォメーションから徒歩5分

・サッシ入口からホテルまで何個か看板(案内板)があるのでそれを頼りに・・。

・朝食、冷暖房、トイレシャワー、冷蔵庫、TVつき

・併設のレストランでいただく朝食はとっても豪華

・とっても清潔&快適

・最安はたぶんユースホステルで、そこもすごくきれいで広かったけれど、

ユースのプライベートルームは90ユーロだったのでこっちにしました。

・個人的には延泊したくなるような素敵なホテルでした!!

●私たちのお店<ミカラ MICALA>のHPはこちらから。
【MICALA】

●MICALA.netはエスニック服ランキングに登録しています↓↓↓


エスニック系  WEB SHOP 探検隊


広告:お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』