旅ログ

ウィーンの見所を一気にまわる一日

今回のヨーロッパ、ガイドブックを一切持たずに旅行しているので

街歩きをしていても、見るものすべて、それがなんなのかわかっていない二人。

宿の人に地図をもらったんだけど、書かれている名前が全部ドイツ語!!

ど、どういう意味??

 

ウィーンの歴史地区は、歴史的建造物が多すぎて全部同じに見えてくるのです。

それが国会なのか、美術館なのかさえ区別がつかないほど。

 

とりあえず疲れるまで歩き倒すのが二人のスタイルなので、

写真をいろいろ撮っておいて、宿に帰ってからインターネットを使って

それがなんだったのかを答え合わせすることに・・・

でもウィーンの場合、名所が多すぎて答え合わせ不可能!!!

結局よくわからないけど、全部すごかったって感じです。(適当)

 

 

 

DSCN7715

 

散歩中にスケートリンク発見。

 

DSCN7718

 

子どもから大人まで、みんな楽しそうです。

 

DSCN7722

 

冬の時期だけやっているらしいスケートリンク、「アイスドリーム」

私もひさしぶりにスケートやりたくなって、Tに「やる?」って聞いたけど

 

「そんなに滑りたい?」

「なんで滑りたいん?」

 

とか、いろいろ突っ込まれて面倒くさくなってやめました。

別にスケートやりたい理由なんてないし。

やりたいからやりたいだけだし。

たぶんT、スケートできないから断ったんじゃないかな、って思います。笑

 

ちなみに、市庁舎らしいです。

 

DSCN7726

DSCN7777

 

帰り通ったらライトアップされちゃって、めっちゃきれいになってた。

 

それから、気になる銅像があった場所。

DSCN7822

 

下の人、すごいつらそう。

 

DSCN7823

く、首が。

上にのってる人たち、のんきすぎるでしょ!

 

 

DSCN7834

 

こちらは一番有名な教会で、オーストリア最大のゴシック寺院「シュテファン寺院」

この教会のことはどのサイトにも載ってた。有名さがうかがえます。

中に入ってみたら、ちょうどミサの最中でした。

 

DSCN7839

 

祈る人たちを見ていたら神聖な気分に・・・・。

 

撮影は禁止だったけれど、ろうそくの火がゆらゆらしていてすごく幻想的でした。

外観に負けず劣らず、教会内の彫刻も繊細。

これからヨーロッパを南下したらきっと教会に入る機会も増えそうだし、

ステンドグラスや壁画を見比べるのも楽しみです。

 

たぶん、ウィーン観光の目玉といえば<宮殿>と<オペラ>と<美術館>で、

私たちは前を通っただけでそれらには行かなかったんだけど、

歴史地区をフラフラと散歩しているだけで充分満足できたし

ウィーンの良さを味わえて、おなかいっぱい!!って感じでした。

 

コンパクトにまとまっていて雰囲気がよかったのはプラハだけれども、

歴史の壮大さというか規模の大きさを感じられたのはやっぱりウィーンだったな。

 

(I)

 

 

●私たちのお店<ミカラ MICALA>のHPはこちらから。
【MICALA】

●MICALA.netはエスニック服ランキングに登録しています↓↓↓


エスニック系  WEB SHOP 探検隊


広告:お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』