旅ログ

【ウユニ〜パラグアイ抜け1】車酔い編

感動の余韻が残るウユニを出発。

一緒にウユニを体験したメンバーに見送られ、二人でポトシ行きのバスに乗り込む。

また、お会いしましょう。

寂しいけど、これが旅行者の別れっつうやつか。

 

DSCN5126

 

バスに揺られながら、ぼくたちは即爆睡モードに入りました。

選んだバスが「フルカマ」というVIPなシートだったので広くてかなり快適!!

 

DSCN5127

 

この日ばかりは、のび太くんもビックリの寝つきです。

 

途中、休憩を挟んでポトシに到着。

寝てたのであっという間に着きました。

 

DSCN5129

 

途中の道で。I撮影。

 

ポトシには近距離用と長距離用の2つのバスターミナルがあります。

ウユニからは近距離用に到着するので、長距離用へタクシーで移動。

ポトシの人々、次から次へとバスターミナルへの向かい方を教えてくれて、めっちゃ親切!!

タクシーのお兄ちゃんも降り際に、

「よい旅を!」

とか言ってくれて、洒落てるやないか〜!

 

DSCN5131

 

かなり快適なポトシのバスターミナル。

 

ポトシからは、「タリハ」という街へ向かいます。

北上して「サンタクルス」という大きな街へ向かうのがパラグアイへのメジャーなルートなのですが、

地図で見ると明らかに遠回りというのと、

なぜかここで<バックパッカー魂>が出てきてしまったのとで、

無謀にも情報の少ない「タリハ」へ行くことになってしまったのです。

 

 

タリハ行のバス、

本数が少ないのかぼくたちで満員ギリギリセーフでした。

万が一、このルートをとられる方は

ウユニでタリハ行の通しチケットを買った方がいいかもしれません。

 

出発まで数時間、バスターミナルのWIFIを拾って時間潰し。

ビックリするくらい遅いけど、ないよりは断然いい。

ポトシのバスターミナル、本当に快適でした。

 

DSCN5132

 

 

ギリギリでバスチケットを買ったせいで、バスは一番後ろの席…。

かなり狭いし、臭いがしみついています・・。

嫌な予感は大当たり。

 

DSCN5143

 

タリハまでの夜行バスはハードな道路状況。

ぼくは爆睡していたので感じなかったのですが、

Iさんはずっと酔って、大変だったらしい。

確かに2回ほど跳ねて、シートから体が宙に浮いたのを覚えてます。

運転手の運転の仕方も影響あると思うけど。

爆睡中に宙に体が浮いて、座席に叩きつけられたときは、

「一人ルチャリブレか!」

と怒りを覚えました。

 

タリハには早朝に到着。

 

雲行きが怪しい今回の移動・・。

 

まだまだ続きます。

 

(T)

●私たちのお店<ミカラ MICALA>のHPはこちらから。
【MICALA】

●MICALA.netはエスニック服ランキングに登録しています↓↓↓


エスニック系  WEB SHOP 探検隊


広告:お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

  • Bonito

    座布団購入するしかないか?

    • tabi69

      座布団!!それは名案!