旅ログ

【ウユニ〜パラグアイ抜け4】失意のビジャモンテス編

なんとかビジャモンテスに到着し、ぼくたちはバスターミナルに降ろされました。

想像してたよりも栄えてない。

むしろド田舎!!

そして同じボリビアとは思えないほど暑い!!

タイの田舎に来たかのような雰囲気。

 

DSCN5176

 

とりあえずチケットだけ押さえようと思ったけどオフィスが開いてない。

壁に深夜2時発ということだけ書いてあるので、宿をとることにしました。

バスターミナルから徒歩2秒の安宿。

 

DSCN5168

 

シャワーを浴びてちょっと休憩。

水シャワーのみですが、暑いのでまったく問題なし。

 

Iさんはまだ車酔いが酷い様子です。
ぼくはいつの間にか眠ってしまって、

Iさんがオフィスが開いていのに気づいて見て来てくれたのですが、

今日のチケットは売り切れとのこと。

1日でも早くパラグアイへ抜けたかったので、しばし思考停止に陥いりました…。

 

このド田舎であと1日泊まるのはあまりに無意味すぎる。

しかも宿にWIFIがない…。

 

キャンセル待ちできないかとか、いろいろお願いしてみたけど、

どうにかなるわけがなく、

次の日分のチケットまでなくなったら最悪なので泣く泣く予約しました。

このバス、「サンタクルス発」でビジャモンテスに寄るバスらしく、

サンタクルスでたくさん人が乗って来るらしい。

 

おとなしくサンタクルスに行けばよかったと、ちょっとだけ後悔しました。

 

オフィスは夕方一瞬だけ開いて、すぐに閉まってしまいました。

もしIさんが気付かなかったら、ここに3泊以上してたかもしれません。

 

ボリビアのお金がなくなったので、タクシーで銀行へ行きました。

そのときのタクシーボロすぎ!!

 

DSCN5163

 

車ってここまでボロくても走るのかっ!って感じでした。

ずいぶん田舎まで来たんだなぁ・・。

 

DSCN5166

 

町の中心にあった銀行。

バスターミナル周辺には本当になにもなかったので、助かりました!!

 

晩飯はバスターミナルの周りに出る屋台。

暑い地域では屋台が栄える法則ありますね。

 

DSCN5178

 

売店でコーラや水を買っても冷蔵庫から出してくれます。

ウユニとかだと、冷蔵庫のコーラは10円高くとられたりしていたので、

これは嬉しい。

 

冬から一気に真夏になりました。

部屋も扇風機なしでは生きていけません。

でもコンセントが部屋で1つしか使えなくて、

携帯を充電するのにも扇風機を止めないとできないので、生死に関わります。

 

暑いの好きだけど、心の準備がまだできてないよ。

 

(T)

●私たちのお店<ミカラ MICALA>のHPはこちらから。
【MICALA】

●MICALA.netはエスニック服ランキングに登録しています↓↓↓


エスニック系  WEB SHOP 探検隊


広告:お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』