旅ログ

ラパスで過ごす大晦日と年明け

大晦日の朝六時、日本時間の夜七時にあわせて起床。

楽しみにしていた紅白歌合戦が始まる!

ふとしたことから、宿のロビーでNHKが見られることが発覚してから

大晦日をめちゃくちゃ楽しみにしていました。

話を聞いていると、最近の若者たち?はあまり紅白を見なくなってるようですが、

日本にいるときから、大晦日は“紅白”そして“ゆく年くる年”という流れが

私にとっては子どものころからの定番。

何気にTも楽しみだったようで、朝5時半からスタンバイして起こしてくれました。笑

 

wpid-DCIM1512.JPG

 

今年は、昔から大好きなYUKIが出るっていうこともあって、

綿密にスケジュールを確認して、

合間にちゃんと朝ごはんも食べに行って

予定通りに完璧に見ることができました!

YUKIちゃん、かわいかった~。ボリビアから応援したよー!!

 

 

そして紅白、ゆく年くる年も終わり、日本で年が明けたころ・・

ラパスはまだお昼。

でも不思議なことにもうすっかり年が明けた気分です。すごいな、NHKパワー。

日本の友人や元教え子たちとメールのやりとりをしつつ、

お昼寝して、ラパス編の年越しに備えます。

 

 

夜になり、2012年もいよいよ残りわずかに。

同じホテルに泊まっているメンバーとイベント会場で盛り上がるとか、

音楽が聴けるバーに行くとか、ホテルで高級ディナーとか、

大晦日の夜をどう過ごすかはりきって計画していた私。

Tと相談を重ね、結局はゆっくり年越しすることになって、

とりあえずおしゃれカフェで軽くご飯を食べることにしました。

クスコから一緒だったコージさんとジュンコさんと4人でカフェへ。

 

wpid-DCIM1517.JPG

 

お店は、気合を入れてオシャレした現地の人たちであふれかえっていました。

ハデハデGAPシャツ(グアテマラで50円)のTがなんだか恥ずかしいくらい。

 

ホテルに戻って

「もうすぐ12時だねー」

なんて言いながら、みんなで飲んだり食べたりしてNHKを見ていると、

外からバンバン音がする・・

あわてて出て行った屋上から見えたのは、

ラパスの街のいたるところから上げられている花火でした。

 

DSCN9551

 

すり鉢状に広がるラパスの街、上に行けば行くほど貧しい人たちの暮らす地域だと聞いていましたが

上のほうからも、もちろん下のほうからも、

絶えず花火が上がり続ける。

よく見てみると、各家庭やビルの窓を開けて花火を打ち上げています。

 

「おめでとう!」

「2013年がやってくる!」

 

と、みんなが空にメッセージを送っているような、

無数の花火。

 

「T、すごいね!こんなの初めてだね!!」

「ほんまやなあ。」

 

カウントダウンすることも忘れて見入っているうちに、

いつの間にかラパスの街も2013年に突入していたのでした。

偶然居合わせたホテルで、

こんなめずらしい光景に出会えて本当にラッキーな年明けです。

 

 

2013年も、旅はまだしばらく続きます。

今年もたくさんのすばらしい景色と、すてきな人に出会えますように。

なるべく仲良く、Tと無事に旅を続けられますように。

 

 

本年も<TABILOG>を、どうぞよろしくお願いします。

 

(I)

●私たちのお店<ミカラ MICALA>のHPはこちらから。
【MICALA】

●MICALA.netはエスニック服ランキングに登録しています↓↓↓


エスニック系  WEB SHOP 探検隊


広告:お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

  • Bonito

    空気が薄いところでしょう
    余り無理せず行きましょう