旅ログ

ありがとう、感謝のマチュピチュ

念願のマチュピチュ、今回がラスト記事!

 

健康体が取り柄の私が、まさかのマチュピチュ前日に体調不良…

朝起きると、寒くて寒くて、でも顔だけめっちゃ熱くて、のどが焼け付く痛さ!

熱を測ると37.5℃・・・

普段元気だから、この程度でもかなりダルい…。

 

でも遺跡にエントリーしてあるから、明日までにマチュピチュ村に到着してなくちゃマチュピチュ行けない。

前日に予約してもらったツアーは、

クスコからマチュピチュ村までコレクティーボ六時間の後に二時間トレッキング。

みんなと一緒に行くのは無理だと判断し、Tにお願いして電車を調べてもらう。

「今出れば間に合うかも!」と言われて、フラフラになりながらパッキングしてタクシーで駅へ。

みんなと行きたかったなぁ…。

泣きそうな私に、

「体調どうなるかわかんないし迷惑かけるから、二人で行こな。」

とTが言い、またまた泣きそう。

 

DSCN8794

 

そして、ほぼ寝てるうちに村に到着。

意図せず乗れたペルーレールは、きっと快適だったんだろうに、あまり記憶なし。

夜も一瞬で眠りにつきました。

 

DSCN8820

 

朝5時の目覚ましで起きると、何も考えず身支度!行くぞー!

Tが、目を覚ました瞬間私のおでこをさわったけど、熱は測らなかった。

数字見ると気分的に病んじゃいそうだから。→弱い

村から遺跡行きの数十分のバスでもまたまた爆睡。

咳こみすぎて肺が苦しいし、いつもの半分しか体力ない感じ。

でも、マチュピチュについて霧が晴れた途端テンションあがって、足が進む!撮影が進む!

 

DSCN8850

 

マチュピチュ遺跡を歩くこと三時間。

そのあとに、マチュピチュ全景を見下ろせる山、ワイナピチュへ往復二時間トレッキング。

前日のトレッキングも私のせいでなしになったから、ここは這ってでも行くしかない!→大げさ

毎年滑落事故があると噂の山。

入口では、下山しない人をチェックするため名前を記帳。

学生時代の高尾山以来で、しかも旅太り5キロで、体力半分の登山は相当しんどい。

 

ゴホゴホ咳き込む私の荷物を全部持って、Tが歩く。

Tの背中を見ながら、一歩一歩進む。

 

私は今ペルーにいて、

ペルーの山奥で

風邪ひきながら、

山に登ってる。

マチュピチュを

上から見下ろすために。

 

なんか、

日本で過ごしてた日常とかけ離れ過ぎてるシチュエーションに笑えてくる。

(まあ、旅先では毎日がこんなかな。)

そんな感じで

5年越しの私の夢、マチュピチュは無事に達成できたのでした。

 

なぜかTも今日はめちゃめちゃ苦しそうだったけど、

たぶんそれは二人分の荷物を持ってくれてたから…と思いたい。

Tよ、本当にありがとう。

 

DSCN9056

 

 

この目で見たマチュピチュは、

広大な山々、自然の中に静かに佇む、美しすぎる空中都市でした。

 

(I)

●私たちのお店<ミカラ MICALA>のHPはこちらから。
【MICALA】

●MICALA.netはエスニック服ランキングに登録しています↓↓↓


エスニック系  WEB SHOP 探検隊


広告:お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

  • Bonito

    風邪大変ですね
    健康が一番大切ってこんな時感じますね
    ふだん健康な時はなにも感じないで生きてるんですね
    でも、マチュピチュ見れて良かったですね
    見逃したら、一生悔いが残りますもんね
    良かった良かった、Tさんに感謝感謝して下さい
    この後も早く体調を直して頑張って下さい

    • tabi69

      本当に、一生くいが残るところでした。
      行けてよかった~
      旅は体が資本ですね、
      体調管理がんばります!