旅ログ

エクアドルからペルー、国境越え!

DSCN8648

 

お世話になったクエンカの宿を出て、バスに乗ってバスターミナルへ。

いつもタクシーに乗りたがるIさんが、なぜか率先してバス停を目指す・・。

 

ここからは、エクアドルからペルーへ、一気に国境越えしてしまいます。

主に旅行者は、海側と山側の2ヶ所を使います。

山側は、垰道をグネグネ走って行くので、

しんどいし時間もかかる。

海側は、ハイウェイを通るので比較的ラクで時間も短く済むが、

途中の街でバス強盗が現れるとの噂がある。

でも実際に通った人の話では、

今は危ない気配がなかったとのことでした。

今回ぼくたちはIさんの判断で、山側を抜けることにしました。

 

まず、クエンカからロハという街までが4時間ほど。

ロハでペルーのピウラという街へ向かうバスに乗り換えます。

ピウラまでは8時間。

長時間の移動になるので想像しただけで憂鬱になります。

クエンカからロハのバスは、噂通りの垰道で、

かなり体力を消費します。

バスに乗り込む前に、大量にチャーハンを食べてしまったので胸焼けがひどい。

綺麗な夕陽だけが救いでした。

20121213-123227.jpg

 

ロハで次のピウラ行きバスに乗るため、3時間ほど待ちぼうけ。

Iさんは、ハバナで習ってからはまっている編み物をひたすらしてます。

 

DSCN8651

 

ピウラ行きの古めかしいバスに乗り込むと、指定された席がトイレの前!!

芳香剤の臭いがすごい!!

前の人は容赦なくリクライニングしてくるし、

拷問のような8時間になるのは目に見えてました。

でも進む以外に道はなし。

20121212-105832.jpg

バスは夜中の3時頃にイミグレーションに到着し、

ここでエクアドル、ペルーのスタンプをもらいます。

乗客全員が終わると再びバスに乗り込んでピウラを目指します。

20121212-105755.jpg

ありがとう!エクアドル。

 

ピウラに着いたのは朝8時前。

やはり疲れた!

タクシーのおっちゃんにATMとホテルに連れて行ってもらい、

ピウラで一泊。

次はリマへ移動・・。

リマまでも、またまた長時間移動の予定!

でもペルーのバスはWIFIあるらしいから嬉しい。

 

(T)