旅ログ

ハバナでヘアカット<I編>

のびきったロングヘアに、とれかかったパーマ、強い日差しで傷んだ毛先・・。

どうしようかな~と、メキシコでちょくちょく美容室をのぞいたりしていたのですが、

どうもうまくオーダーする自信がなく、しかもこっちの人のボブってなんていうか

とっても・・・シャープ!?直線の前下がりに刈り上げ、みたいな。

 

血迷った末、前髪だけでもカットしようと、自ら挑んだ結果、

ガタガタ前髪のへんてこスタイルが完成◎

(Tいつもの無表情で「前のほうがよかったな」と・・。)

 

すると数日後、アニータホテルに日本人ご夫婦が登場、なんと旦那さまは美容師さん。

あーなんで自分で前髪切っちゃったんだろう!!くやしい~~!!

I,美容師さんと知ってすぐさま、

「髪切ってもらえませんか?」と聞いてしまう食いつきっぷり。

 

 

しかも、このNさん。

旅人だけあって、旅人目線でヘアスタイルを提案してくださるのです。

よくわかんない髪になってたのでバッサリいっちゃってくださ~いって感じだったのですが

これから先も続く旅程を考慮すると、結べないほどだと逆に面倒くさいだろうと、

そして伸びてきたときにまとまりがつかなくなってしまうだろうと、

いろいろ考えてくださった結果、胸まであった髪を重い感じで肩くらいに切ってもらいました!

さらにはへんてこな前髪までばっちり修正。

 

宿のママ、アニータさんも旦那さんのホルヘさんも、興味津々。

「プロフェシオナル!」とほめてくれました。(あ、ほめられてるの私じゃないか)

Tもめずらしく(初めて?)「よぅなったなぁ」と。

やったー!

髪を洗うのもめっちゃ楽になったし、なにより、傷んでる部分が全部なくなって

つやつやに。うれしいです。ありがとうございます。

 

旅に出る前から髪の毛問題では非常に悩んでいて、

結局長いまま出てきてしまったのですが、やはり旅行中のロングは手入れができない分

気になって気になって。

ドライヤーも持ってきていないので、寒い場所では

寝るときに冷たくて風邪引くんじゃないかってかんじでした。(弱)

これから、南米の高地に行くのにいいタイミングで美容師さんに出会えてよかった。

すてきな奥様HARUさんにも出会えてよかった。

 

 

・・・余談ですが、

髪を切ってから値段交渉がスムーズになった気が?

キューバ人は短めな髪が好き?

 

(I)