旅メシ

ハバナで22円のチャーハンを食べる



 

ハバナで紙のランチボックスに入ったお弁当のようなものが出回っています。

たぶんプラスチックの容器はコストがかかるからだと思うけど、エコで油も吸収してくれるし意外といいかも。

なかは、サンドイッチだったり、チキンだったり、ステーキ丼?だったりいろいろですが、

私たちはこのチャーハンを食べてみました。今はやりのAKBで。

 

 

豚の脂身のから揚げつきで、22円くらい。

味はまずまず、でもご飯はちゃんとパラパラに炒めてあってなかなか!

 

みんなスプーンで食べていたけれど、

私たちのにはスプーンがついていなかったので、もらおうとしたら、

「ふたをちぎってスプーンにして食べるんだよ。」

と教わりました。(ナイスアイディア?)

みんな自前のスプーンを持ち歩いているみたいです。

なかにはお皿やタッパーを持ち歩いている人もいました。

国全体が貧困だから、ギリギリのラインでの経営を余儀なくされているのか、

ただ単に人民ペソで食べるお店はコスト削減を強いられているのか、

それとも昔からこういう文化なのか、詳しくはわからなかったけれど

悪いことではないような気もします。

街中にはたくさんゴミ箱があって、ごみが出たらそこに捨てている人が多かったし。

 

ただ、容器がないというのはときどきちょっと不便だったけれどね。私たち旅行者には。

 

●私たちのお店<ミカラ MICALA>のHPはこちらから。
【MICALA】

●MICALA.netはエスニック服ランキングに登録しています↓↓↓


エスニック系  WEB SHOP 探検隊


広告:お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』